質問:

興信所の料金が高額になのは何故ですか?


回答:

宣伝費が高いと調査料金も高くなります。


興信所のホームページや、口コミサイトに書かれる体験談から、興信所の料金相場が「数十万円から百数十万円という高額料金になる」と知っている人もいます。
しかし、興信所へ初めて依頼をする人は、探偵側から出された見積りの内容を見て、初めて高額料金の全貌を知る人が多いのです。

調査料金の内訳を簡単にご説明すると、基本料金、成功報酬、諸経費があります。
基本料金とは、調査員の一時間あたりの人件費。
成功報酬とは、依頼が成功した場合に探偵へ支払う料金。
諸経費とは、調査に掛かった経費のことで、車両の燃料費や出張料金が含まれます。

最近では、パック料金を設定している興信所が増えているので、総額よりも料金の内訳を確認することが大事になります。

そして、高額な料金になってしまう原因に、興信所が宣伝を行うことで支払っている宣伝費の一部が、調査料金に加算されている事が挙げられます。
興信所もサービス業の一種です。当然、依頼をしてくれる人に自分の事務所を知ってもらうためには、雑誌や電話帳、インターネットなど、様々な場所で宣伝を行います。
この宣伝に掛かったお金が、調査料金の一部として依頼者が支払うことになります。
「なぜ宣伝費を自分達が払う必要があるのか?」と依頼をする人の中にはいると思いますが、会社を運営するためには仕方が無いことでもあります。

そして、高額であると判断することが出来るポイントは、内訳の基本料金部分を見れば判断することが出来ます。
基本料金は人件費を元に計算されているのですが、この人件費1人に対しての単価を見れば、高額であるのか、安いのかを判断することが出来ます。

質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.