質問:

興信所に浮気調査を頼む場合、調査期間はどのくらいですか?


回答:

だいたい3日から5日が妥当だと思われます。


浮気調査の調査期間は、探偵業界内で平均的な数字を出すとすると3日から5日程度となります。

すでに知っている方も多いかもしれませんが、興信所の調査依頼で、調査期間が長くなれば長くなるほど、調査にかかるコストは大きくなります。

しかし、調査期間を極端に短くすると浮気の証拠を手に入れるチャンスを逃してしまうかもしれないという不安も出てきます。

そのような事情もあって、長すぎず、短すぎない平均的な調査期間が3日から5日に設定されています。

この調査期間は探偵事務所や興信所によっては、最低調査期間として設けていたり、パック料金の調査期間として設定してあり、着手金や諸経費などを含む料金設定として用意しているケースがあります。

調査期間が3日から5日といいますが、一度の調査で20時間以上の調査をするわけではなく、約5時間から6時間の調査を複数回行い、調査回数は4回から6回前後で行うのが一般的です。

この調査期間はあくまで平均であり、調査時間と回数は増やすこともできますし、減らすこともできます。
調査を行う日時をあらかじめ決めることができます。
例えば、調査期間を1週間、調査回数は5回といった具合に1回の調査時間が6時間で、合計の調査期間が30時間といった具合です。

また、集中して調査を行うこともできます。
浮気調査では、対象者が浮気相手と会う可能性が高い週末を重点的に調査してもらうように調査期間の調節も可能です。
事前に「この日が怪しい」という場合には、1ヵ月の間で週末のみ調査を行うなど、調査期間を設定することもできるのです。

もちろん、興信所側から調査に対してのアドバイスをもらうことができるので、もっと綿密な調査計画と調査期間を決めることもできます。

質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.