興信所の料金の相場と、契約額

当サイトには、悪質な業者や、興信所に関する、さまざまな相談が寄せられますが、相談内容の中でも、一番、多いのが料金に関する事です。

「料金が相場よりも高い業者ほど、初回の契約で、かなり高額な契約を行おうとする」
という特徴があります。

とくに最近問題になっている、興信所ランキング系サイトから誘導される興信所では、初回契約が150万円を超えるようなケースも多くあります。詳細は、興信所ランキングのトラブル情報のページを参照下さい。

こういった興信所は、後で、依頼者が、「料金が高くて失敗した」と気が付いてもいいように、初回契約額をかなり高めに設定してくるのでしょう。

割高な業者では、「浮気調査」で100万円以上の契約が当たり前という感じですが、場合によっては、200万円、300万円という、凄い金額のところもあります。

普通、探偵業界にいる人間から見ると、相場よりも、高いかどうかの判断はすぐにできるのですが、一般の方は、あまり探偵の料金相場に詳しくないと思いますので、150万円と言われても、ピンと来ない方が大半でしょう。

「1日6時間の調査を、人員2名で5日間、調査をしますので、料金は130万円ですよ」


等と言われると、

「そんなもんかなあ」

という感じで、すぐに契約してしまう方も多いようです。

もちろん、対象者が複数人になる企業調査では、初回契約が100万円を超える事は珍しくありませんし、浮気調査でも、長期に渡る調査は、延長契約により、総額が100万円を超えるケースも多くあります。

しかし、浮気調査のほとんどで、100万円以上の料金がかかる案件が少数である事を考慮すると、200万円、300万円という金額が、いかに、相場からズレているかというのは、一目瞭然です。

それでは、なぜ、最初から、高額な契約をしようとする業者が多いのでしょうか?

一番の理由としては、契約してしまった後に、依頼者の方が、依頼した業者が割高であると気が付けば、次から、その業者に頼まなくなると考えられますので、早めにローンを組ませてでも、高額な契約を取ろうという考えです。

他の業種では、エステテイックサロンや、リフォーム業者も、似たような手法を使います。

実際、こういうケースは非常に多く、
高額な興信所で契約をしてしまった後に、当社に相談に来られた方に、一般的な料金相場をお知らせすると、非常に後悔されるようです。

また、酷い例になると、一週間の調査を200万円で契約した、ある業者は、3日で証拠を押えてしまったからといって、残りの日数の調査を全くせずに、勝手に終了し、料金は、全額受け取っていたというところもありました。

つまり、上記の場合だと、3日で200万円の料金を取られた事になります。

また、証拠は複数回押さえた方が、証拠力も上がる事も考えると、契約時間が残っている状態で、調査を止めてしまうというのは、まともな、やり方ではありません。

もちろん、「調査力」の問題もありますので、料金が安ければ良いという単純な話ではありませんが、あまりも高額な契約は注意が必要でしょう。

また、探偵業界では、料金が高いのにも関わらず、調査技術がお粗末であったりする事が、非常に多いので、「料金が高かった分、きちんとした調査をしてくれるだろう」という推測が成り立ちません。

つまり、「調査力」という点は、個別に確認する必要があります

また、料金の相場を考えるとき、時間単価が極めて重要になります。
これは、調査員1名1時間あたりの時給という事になります。

具体的な単価としては、1名1時間単価が7500円〜10000円といったところが、相場ですが。
注意しないといけないのが、付加料金についてです。

付加料金を含めた平均的な相場に関しては、料金のトリックを知る にて、詳細を書いてますので、こちらも参照頂ければと思います。

※上記の記事は、Akai探偵事務所によって書かれています。

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.