探偵社選び 簡単チェックシート

あなたの選ぶ探偵社は大丈夫?

先に紹介した『探偵をうならせる質問法』を実際に試してみれば、かなり探偵社選びの役に立ってくれると思います。

ここでは、さらに詳しく探偵社の「トラブル可能性」を判定できるチェックシートを作成しました。
今までに寄せられた質問や相談、被害報告から厳選した、どれも重要項目ばかりです。

全部で40ある質問項目に対して、あなたが依頼しようか迷っている探偵社に当てはまるかどうか、「はい」「いいえ」「わからない」の3つから選んでください。

「はい」 → +1点
「いいえ」「わからない」 → 点数なし(0点)

※判定の精度を上げるため、できるだけ「わからない」は減らしてください

答えが「はい」になった項目ごとに1点を加えていくと、合計は何点になったでしょうか?
全部で40問ありますから、最高は40点です。


判定基準

0〜6点 なかなか信用できそうな探偵社の部類に入ります。
ただし、赤色で書かれた質問文に「はい」が1つでもあった場合は要注意です!
7〜12点 なんとか許容範囲ですが、それほどお勧めの探偵社ではありません。
もちろん、赤色で書かれた質問文に「はい」が1つでもあった場合は、トラブルの可能性が予想できます。
13〜25点 この点数になれば、「トラブル多発型」の探偵社である可能性もあります。
赤色で書かれた質問文に「はい」がなくても、高額な依頼をする場合は、慎重に判断することが必要と思われます。
26点〜 そんな点数になることはないと思いますが、もし本当に26点を超えた場合は、きわめて慎重に考えてください。
他にも探偵社はたくさんあるのですから、色々なところで見積り・相談してみるのをお勧めします。

チェック項目

探偵社の組織、宣伝方法について

探偵社の住所や電話番号、代表者氏名などを公開していない
全国に支社数は多いが、電話番号しか書かれていない
喫茶店やホテルのロビーなど、事務所以外の場所でしか会わない
広告媒体によって記載住所が違う(インターネットと電話帳など)
「100%成功の調査実績!」など誇大宣伝をしている
「浮気調査500円!」など不自然に安い料金表示をしている
電柱にビラを貼るなど違法な広告方法をしている
非通知からの電話相談に応じてくれない
過去に依頼トラブルで訴訟になっている(新聞記事検索で分かる)
自称する会社規模と実体が違っている(企業信用データベースで分かる)

相談した時の接客態度について

絶対に浮気していますよ、など最初から決め付けて依頼を迫る
最初は親切だが、「もう少し考えたい」と言ったら急に態度が変わる
「すぐ依頼しないと手遅れになる」など脅迫的な言動がある
他の探偵社と、料金やサービス面で比較されるのを嫌がる
預金額や保険、保証人など、必要以上に支払い能力を追及してくる
絶対に調査が成功します、と言い切る
言っている内容が矛盾したり、ころころ変わったりする
依頼者を見下したような態度がある

調査に関する説明責任について

料金支払いが済んでから、隠していた契約事項を話す(追加料金など)
現場の写真やビデオなど、「調査した証拠」を見せようとしない
電話報告だけで済ませるなど、本当に調査したか分からない報告しかない
具体的な調査方法を何も教えてくれない
「尾行調査なら○○万円」と言うだけで、その料金の根拠を示さない
何人の調査員で何時間調査するか、といった最低限の情報すら教えない
失敗のリスクを説明せず、絶対に成功すると強調するだけ
どうなれば調査成功かという「成功条件」を曖昧にしている
成功報酬制で調査失敗した場合の返金手段を教えてくれない
お願いしても、契約書類や領収書を発行してくれない
実費など、追加費用についての説明が不充分
実費の明細(詳しい内訳)を見せてくれない
最終的にいくらになるか、という料金総額を教えてくれない
依頼者が不利になる条項を、見えにくい文字で契約書類に記載している
通常の尾行で調査員を7人使うなど、無駄の多い調査を提案してくる

調査能力について

調査員が1人だけしかいない(個人経営に多い)
バイクを使った尾行ができない
暗い場所で暗視撮影ができる専用機材を持っていない
100m以上の超望遠撮影ができる専用機材を持っていない
盗聴発見調査で、小型のハンディ受信機だけしか持っていない
光学ズームとデジタルズームの違いを説明できない
アナログ盗聴とデジタル盗聴の違いを説明できない


 ※このチェックシートの妥当性は高いと思われますが、それでも絶対的な基準ではありません。

※上記の記事は、Akai探偵事務所によって書かれています。

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.