探偵トラブル例(浮気調査編)

※これらのケースは相談者の許可を得て、事実と異なる修正をしております。

ちなみに、浮気調査の料金表は、下記HPにも掲載しておりますので、こちらも参照下さい。

浮気調査の料金表掲載/浮気調査HP

A子さんのケース

A子さんが、夫の浮気に気付いたのは3ヶ月前のこと。
どうしても相手の女性をつきとめたかったA子さんは、大きな宣伝広告を出していた、ある探偵社に電話で相談した。

電話に出た年配の女性相談員は、A子さんの悩みを親身になって聞いてくれたので、A子さんも安心して悩みを打ち明けることができた。
安心感をもったA子さんは、この女性相談員と直接会ってみることにした。

A子さんが探偵社に出向いて料金を聞いたところ、いきなり

「一週間で500万円」

と驚くような金額を提示された。

もちろん、A子さんにはそんな金銭的余裕はなく
「そんなに払えません」

と言うと、
「では いくらなら払えますか?」

と相談員から聞かれ、
「定期預金はいくら?」
「生命保険は入ってますか?」

その上、
「今すぐ調査しなければ大変なことになりますよ」
「お金の問題じゃないでしょう」


など長時間にわたって詰め寄られた。

A子さん自身、夫の浮気で精神的に落ち込んでいたこともあり、結局5日間の調査で200万円支払うというような契約書を作らされてしまった。

なかば放心状態で家路についたA子さんは、やはり調査を取りやめようと思い直し探偵社へ電話した。

しかし、相談員から聞かされたのは
「すでに調査スケジュールを組んだので、キャンセルするのであれば違約金として半金の100万円支払ってもらいます。契約書にもそう明記してあるはずです」

という冷たい答えだった。

たしかに、受け取った契約書を隅々まで読んでみると、書類の裏面に薄くて小さな文字で「契約後のキャンセル」という条項があった。

結局A子さんは、調査もしていないのに100万円を支払わされることになってしまった。

このケースの要点!

なんとも気の毒なA子さんの話ですが、今回のケースで最も問題になるのは、やはり脅迫的な言い方に動揺し、すぐに契約書にサインしてしまった点でしょう。

たとえ急いで開始したい調査であっても、しつこく定期預金額や生命保険まで聞かれるというのは通常考えにくいことなので、契約せずに、帰った方が良かったでしょう。

もちろん悪いのはA子さんではなく、脅迫的ともとれる言動を繰り返した探偵社の相談員なのですが、それならなおさら

「今日のところは一旦帰ります」

と言いたかったところです。

時間的に余裕があれば、他の探偵社とも話をした上で、各社を比べながら判断することができたでしょう。

キャンセル料の規定については各社まちまちですが、全く調査していないのにもかかわらず100万円も支払えというのは高すぎます。

契約書というのは大抵、探偵社の有利な条件しか書かれていないものですから、署名捺印する前にはじっくりと内容を確認することが必要です。

契約内容に少しでも不明な点があれば、遠慮せず相談員に質問して、納得した上で契約をしましょう。
契約書類にも色々あって、依頼者が不利になるような条項ばかり小さな文字で書かれている、という場合もあります。

しかし、それにしても5日間の浮気調査が500万円というのは相当高額です。

この探偵社がどんな調査をするつもりだったのか知りませんが、数週間後にA子さんから同じ依頼を当社で受けたら、20万円ちょっと(経費込み)で無事、調査を成功しました。

この失敗談から学ぶこと

  • 脅迫的な言動をされた場合はトラブルの可能性大
  • 信用できるかどうか疑わしい場合は即日契約をしない
  • できれば複数の探偵社から話を聞いて比較検討する
  • 契約書には探偵社にとって有利な内容しか書かれていない場合もある

※上記の記事は、Akai探偵事務所によって書かれています。

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.