質問:

悪質業者が探偵にいるって本当?


回答:

残念ながら探偵業界に悪質業者は存在します。


悲しい話ですが、いまだに探偵業界に悪質業者がいることは否定できません。

以前は、誰でも探偵を名乗ることができたため、悪質業者が蔓延していました。しかし、2007年6月に施行された探偵業法により、探偵業務を行うにあたっての届出義務が課されるようになりました。法に反する営業を行えば、届出が取り消され、探偵業務を続けていくことができなくなったのです。そのため、悪質業者の数は減りましたが、いまだに悪質業者まがいの営業を行っている興信所・探偵社は少なからず存在します。

では、悪質業者は一体どういう手口を使っているのでしょうか?

悪質業者の代表的な手口としては、以下のようなものが挙げられます。

1.強引に契約させようとする。依頼者に判断の余地を与えない。
(例「早く調査しないと間に合わないですよ」
「他の興信所・探偵社でもこのぐらいの値段しますよ」等)

2.契約書に、誤解を招きかねない曖昧な記載がされている。
(例「調査は何名以内で、何時間以内で行う」等)

こうした手口に共通しているのが、依頼者を丸め込もうとする姿勢です。強引かつ性急に契約を迫る姿勢は、契約書をしっかり読まれ、疑問を抱かれては不都合な記載があることも考えられます。

強引に契約を迫られれば、不安になり焦ってしまい、契約書の内容に疑問を抱く暇もなく、「とりあえずサインしておこう」という気持ちになってしまうかと思われます。そして、悪質業者に「契約書にサインしてある」という口実を与え、好き勝手なことをさせてしまうことになるのです。

では、どうすれば悪質業者の手口に引っかからないのでしょうか?
基本的なこととしては、しっかりと自分のペースを保つことです。

興信所・探偵社に不安を煽るようなことを言われても、決して鵜呑みにすることなく、流されないようにしてください。分からない部分があれば、質問をして、しっかり説明を求めるようにしましょう。分からないままサインする、といったことだけは避けてください。

興信所・探偵社に依頼することは、人生に一度、あるかないかぐらいのことだと思います。しかも、大きな出費となります。ですから、しっかりと考えて、納得の行く優良な興信所・探偵社に調査してもらえるよう、注意して頂ければと思います。

質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.