質問:

興信所と探偵の決定的な違いはなんですか?


回答:

探偵と興信所に、違いはほとんどありません。


興信所と探偵の決定的に違うとことろはどこか?と聞かれると、「現代では決定的な違いはない」というのが実際のところです。

もともと、興信所は信用調査を中心とした調査を行っている調査会社のことをいいました。
信用調査とは、信用審査ともよばれ、たとえば、企業や個人へ融資などを行う際に、借手側(または保証人)の支払い能力の有無など調べるもので、企業から依頼があり、取引先企業の資産状況や営業状況などを調べたりする調査のことをいいます。

一方で、探偵ですが、こちらは相手(調査対象者)の身辺をひそかに調べ、調査を依頼した相手に結果を報告し報酬を得る調査会社のことです。
相手の身辺を調べる方法として、張り込み調査、尾行調査が代表的な調査方法です。

興信所と探偵が登場した当初は明確な違いが存在していましたが、現代では、興信所と名乗る業者が浮気調査や素行調査を行っていることもあり、また、探偵が個人や企業の信用調査を行うとういったケースもあり、現在では興信所と探偵に決定的な違いが無いと思われます。

ただし、調査業者には、それぞれ得意とする調査があります。
浮気調査や素行調査が得意な探偵もいれば、盗聴器発見調査が得意な興信所もあります。
どんな調査が得意なのか、業者ごとに見れば、その違いがわかるのではないでしょうか。

質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.