自宅やオフィスの盗聴器を自分で探す方法はありますか?
盗聴器の簡単な発見方法はあります。

盗聴器を見つけるには、専門業者や興信所へ依頼をしなければ発見が難しい。
と思っている人も多いですが、実は簡単な方法で盗聴器の有無をチェックすることは出来ます。


  • 電話やテレビから雑音が聞こえたり、2重音声になっていないか。
  • コンセント周辺に見慣れないタコ足配線などが取り付けられていないか。
  • 自宅(オフィス)内の雰囲気が違っていないか。
  • 見覚えのない小物が部屋に増えていないか。
  • 急に家電製品の調子が悪くなったりしていないか。

など…。

もし当てはまるようでしたら、どこか周辺に盗聴器がある、もしくはそのものが盗聴器だと考えられます。

どこかに盗聴器があるようなのに見当たらない場合には、探す場所を工夫することで盗聴器が仕掛けられていないかを確認することはできます。
専門の発見機器を使わなくても、手軽に簡単に調査できます。

オフィスで調べる場所
  • 机や椅子の裏
  • 書庫・ロッカーの上
  • 壁掛け時計の裏
  • エアコンの近く

など

※また、見慣れない文房具、使ってない延長コードがないかはもう一度よく確認しましょう。

社内の誰かのものであるだろうという思い込みが間違っていることもあります。

自宅内で調べる場所
  • 観葉植物や家具の裏
  • 室内灯の上部
  • ぬいぐるみなどの置物の中
  • テレビ周り
  • 電話機周り
  • エアコンの近く
など

こういったところに盗聴器が仕掛けられていることが多いので、あった場合は確認すると違和感を覚えるはずです。
低い足元だけではなく、高い場所もよく確認してみると良いでしょう。


このように場所を工夫して調べることで、盗聴器は発見できます。

もしも、これらの発見方法で満足出来ない、不安を感じる場合には、興信所へ依頼をして探してもらうのも手段の一つです。

ですがあくまで自分で盗聴器を探す方法として、簡易機器を購入して探す方法もあります。

盗聴器の有無を調べることが出来る簡易発見機器は、インターネットから探して購入することが出来ます。
値段は数千円と安いモノから、数万円以上する少し高額なモノまで色々あります。

簡易機器の性能や使い方もネット上から探すことが出来ます。

企業では情報漏えいのリスクを防ぐために、興信所や警備会社というプロによって定期的な検査を行っているところもあるようです。

今回紹介した発見方法は、あくまで自分で出来る範囲の"簡易"の発見方法です。

万全を期すなら、盗聴器発見専門業者や興信所へ依頼をして、徹底的に探しだしてもらうことをお勧めします。


質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.