質問:

浮気調査を自分でやって失敗したら、どんなリスクがありますか?


回答:

自分で浮気調査をやることは不可能ではありません。ただし、浮気調査を失敗してしまうリスクは予想以上に大きなものです。



自分で浮気調査をやる方法はいくつかあります。

探偵のように尾行や張り込みをしないで、浮気の証拠を集めることができ、費用もほとんどかかりません。

これだけ聞くと自分で浮気調査をやるのはメリットばかりのように思えますが、実際は大きなデメリットがあります。

そのデメリットというのが、浮気調査を失敗する確率が非常に高いという点です。


自分でやる浮気調査が失敗する確率が高い理由

自分でやる浮気調査が失敗する確率が高い理由は、浮気調査の方法があります。

よくある自分で浮気調査をやって失敗する浮気調査の方法

  • スマートフォン(携帯電話)からメールや着信履歴を調べる。
  • 預金やお小遣いの減り具合を調べる。
  • 浮気の尻尾を掴むまでパートナーを問い詰める。
  • パートナーの会社の同僚や友人に片っ端から話を聞いて回る。
...など

この浮気調査は自分一人でやらなくてはなりません。

調査のプロである探偵でも、浮気調査に2人以上の調査員を割り振ります。

浮気調査を2人以上の調査員で行うのは、人手が必要という点だけでなく、いざというときバックアップしてくれる人間がいるということです。

しかし、自分一人で浮気調査をやる人には、いざというときバックアップしてくれる人がいません。

そのため、小さな失敗が大変な結果に繋がることになります。


浮気調査を失敗して負うリスクとは


では、浮気調査を失敗して負うリスクには、どんなリスクがあるのでしょうか。

失敗して負うリスクの中でも、特に重たい物をピックアップしてみましょう。

1.二度と浮気調査ができない。

自分で浮気調査を試して失敗した場合、ほぼ確実に二度と浮気調査はできません。

何故なら、パートナーの警戒心が強くなり、浮気相手と会う機会が激減するからです。 最悪の場合、パートナーが浮気相手の異性と手を切る可能性もあります。

2.パートナーとの関係が悪化。

浮気をしているか、浮気をしていないかわからない段階で、浮気調査を失敗すると、パートナーとの関係は確実に悪くなります。

パートナーと別れたり離婚を考えていないのであれば、浮気調査を失敗して二人の関係を悪くするのは絶対に避けたいことです。
3.逆に訴えられる可能性。

自分で浮気調査をやる人のなかには、
「相手は浮気をしているのだから何をしたっていい!」
と思っている方もいます。

これは大きな間違いです。
例え、パートナーが浮気をしていたとしても、何をしてもいいわけがありません。

パートナーや浮気相手のプライバシーや人権を侵害する行為があった場合、逆にあなたが訴えられる可能性があります。

4.浮気の証拠が使い物にならない。

LINEのトークやメール内容が決定的な浮気の証拠になるとは限りません。

自分で集めた浮気の証拠が、いざ裁判になると全く使い物にならない場合もあります。

自分は大丈夫、失敗しなければ良いと思うかもしれませんが、浮気調査はプロでも細心の注意を払って行う調査です。

いつどんな失敗から浮気調査がバレてしまうかわかりません。

どうしても自分で浮気調査がやりたい、という方は、浮気調査を失敗しないための対策をよく確かめてから浮気調査を自分でやるか検討してください。


浮気調査を失敗しないための3つの対策


浮気調査を失敗しないための対策として3つを挙げることができます。

「まだ大丈夫」は「もう危険」

浮気調査が進むと証拠がある程度集まると思います。

そこで、「まだ証拠があるはず」「もっと浮気の証拠を見つけたい」と思って、徐々に行動が大胆になってしまう方がいます。

これは大変危険な行為です。

一人浮気調査をするため、どこまで調べたらいいのか、自らをセーブするのが大変難しいのです。

自分でやる浮気調査はあくまで「浮気をしているかも」という浮気の実態を調べるために行うべきです。

味方を一人でも作っておく

自分で浮気調査をすると、浮気相手とのメールを見つけた時点で感情が高ぶり、そのままパートナーを問い詰めてしまう人もいます。

そこで、自分で浮気調査をやるなら、一人でも味方を作っておきましょう。

ここでの味方とは、あなたの話を聞いてくれる、パートナーの浮気の相談に乗ってくれる人のことです。

相談できる味方が一人でもいれば、話を聞いてもらうことで気持ちを整理することができるだけでなく、客観的な視点から意見を貰うこともできます。

違法と合法の境界線を見極める

最後に、一番重要なのが、違法な方法で浮気調査をしないことです。 例えば、パートナーのスマートフォンに浮気調査のためとはいえ、勝手にアプリをインストールしたとします。

この行為は「不正指令電磁的記録供用罪」に当たります。
3年以下の懲役、または50万円以下の罰金という刑罰を科せられる可能性があります。

パートナーの不法行為を調べていたのに、自分が法律を犯して捕まってしまっては元も小もありません。

もしも、今後自分で浮気調査をやろうと考えているなら、ここでご紹介した失敗のリスクと、浮気調査を失敗しないための対策をよく読んでから、もう一度自分で浮気調査をやるべきか考えてみてはいかがでしょうか。


質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.