興信所と探偵の決定的な違いはなんですか?
現代の日本では、どちらも調査を行う会社でそう違いはありません。しかしかつて、探偵は個人調査向け、興信所は企業調査向けとされていました。どうしてこのような変化を遂げたのか解説します。

興信所と探偵の違いは何?

特定の人物や会社などについて調査を行う、興信所や探偵事務所といった企業。

この2つがどう違うのか、と聞かれると「現代では決定的な違いはない」という返答になります。

しかし、それはあくまで現代の話。
興信所と探偵はその興りに違いがあり、もともとはそれぞれ調査対象が異なっていました。

このページでは、2つの調査に関する組織の成り立ちと、変遷についてご説明します。

興信所の興りと、その調査対象とは

探偵の興り

日本における興信所の発祥は、1892年に大阪で開業された商業興信所であるとされています。

アメリカ、イギリスにおいて信用調査業がいかに重んじられているのかを知った、外山脩造という人物により持ち込まれたものです。

信用調査とは、信用審査とも称される調査のこと。

企業間で、相手先の企業が取引相手として信用できるか確認するために行う調査です。

業務提携、融資などを行う場合、相手先の企業が債務超過に陥っていたり、訴訟などのトラブルを抱えていたりすると、資金の回収ができなくなるというようなことが起こりえます。

そのような損失を防ぐため、企業から依頼を請けて、取引先企業の資産状況や営業状況などを調べるのです。

元来興信所とは、この信用調査を中心に業としている調査会社のことを指しました。

「対企業」の調査を主に行っていた会社、と言うこともできます。

探偵事務所の興りと、その調査対象とは

探偵の興り

一方で探偵はどうでしょうか。

日本の「探偵」という言葉自体は、江戸以前の古くから使われていて、公・民を問わずに、何かしらの捜査を行う人間のことを指していました。

その時代は長く続き、岡っ引き、同心、警察も、探偵と呼ばれていた時期があります。

いわゆる民間の「私立探偵」が、業として確立したのは明治22年(1889年)頃。日本橋で、光永百太という人物が設立したものが最初と言われているようです。

由来から察せられるように、探偵は「対個人」の調査がメインでした。


調査対象者の身辺、行動、人間関係などをつぶさに調べ、調査を依頼した相手に結果を報告し、報酬を得る調査会社として成立したのです。

現代の興信所と探偵事務所

興信所と探偵が登場した当初は、先に触れたような明確な違いが存在していました。

しかし現代では、興信所と名乗る業者が浮気調査や素行調査を行ったり、探偵という看板の業者が企業の信用調査を行ったり、というケースもあります。

要するに、ほぼ同じ業とされ、ほとんど区別がないのです。

それぞれの調査を依頼するにあたって、現代では業者の名称で区別することができなくなりました。

各業者がどんな調査を得意としているか、見極めが必要になったと言えます。

もともと調査業者がどう名乗るかについて、明確な決まりはありませんでしたから、二種類の「調査」というカテゴリーの業者の区別が薄くなったのは自然の流れだったのかもしれません。

しかし、その動きを決定づけた法律があります。
それが、「探偵業法」というものです。


探偵業法が施行され、興信所の調査内容はどう変わった?

探偵業法が施行後、許されなくなった調査はある?

現在では、探偵事務所も興信所も、同じ「探偵業法」という法律のもと管理されています。

探偵業法は、調査業者と依頼者の間でトラブルが増加したことを背景に、平成19年6月に施行されました。

この法律で言う「探偵業務」とは、「他人の依頼を受けて、特定人の所在、行動についての情報を収集する」ことを言います。
前述の由来から、この法律では、探偵、興信所に一般人以上の権限を認めるような記載は一切ありません。

調査の手段として認められるのは、聞込み、尾行、張込みと、これらに類する範囲のもののみです。

このような調査を行って依頼者から費用をいただく業者は、全て探偵業法で管理されることになります。
探偵業法の上では、探偵事務所も興信所も一切の区別をされていないため、両者ともに法律上は一般の方と同じ条件で調査を行っていることになります。

探偵業法の施行以前、探偵業務の定義やそれに用いる手段は、各業者の常識に任されていた部分が大きいものでした。
施行以降に一番大きく変わったのは、これが明文化されたことだと言えるかもしれません。

また、興信所、および探偵事務所の調査内容は、探偵業法以外に、個人情報保護法が整っていったことにも大きな影響を受けています。
人や法人の秘密情報を取り扱う業者であるため、それも当然のことと言えます。
携帯電話番号からの個人情報調査などは最たるもので、現在ではほぼ違法である調査のひとつです。

その他にも、事例が積み重なり法律が整ってくるとともに、許されなくなった調査はいくつもあります。
グレーゾーンの調査を強引に行っていた業者は淘汰され、健全化が進んだと言い換えることもできるでしょう。

このような由来で調査の幅が狭まると同時に、探偵事務所と興信所の差異はより縮まっていったのかもしれません。


質問一覧へ

ページの先頭へ

0120-96-0061
24時間営業

内閣総理大臣認可 一般社団法人日本調査業協会 正会員 NO.1617(本部)
探偵業務取扱者 No.JISA(1)2303-0184
探偵業務取扱主任者 No.JISA(2)2502-0080

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.