質問:

質問:探偵になるには何を勉強すればいいの?


回答:

回答:尾行技術と張り込み技術は必須です。


「探偵になるのは何を勉強すればいいのか?」という質問に対して、明確な答えはありません。
一番わかりやすい例を挙げるとするならば、各興信所が運営する探偵学校の講義内容。または、興信所のホームページに掲載されている求人情報から読み解くことが可能です。

探偵学校で教えてくれるスキルは、実際に現場で使用される尾行の方法や張り込みの方法から、盗聴器の発見方法に機材の使用法といったものまで多彩です。
そして、探偵は情報を取り扱う仕事ですから、インターネットや情報セキュリティ関連の知識についても勉強が必要になります。

明確に「これだけやればいい」といった勉強方法でもなく、資格なども調査業協会が行っている試験があるだけで、特に絶対必要な資格も存在しません。

しかし、調査を行うためには、知識と技術は必要になります。
そのために必要なのは勉強する場所と教材であり、調査に必要と感じたことを学ぶ意欲だと思います。

教材には、当社の責任者である継野勇一が書き下ろした「浮気男とストーカーをギャフンといわせる方法」など、現役の探偵自身が培ってきた経験を教材として利用するのも、勉強として良い方法ではないでしょうか。

質問一覧へ

ページの先頭へ

copyright(c) 興信所の選び方マニュアル All Rights Reserved.