探偵の調査料金について。失敗しない興信所の選び方マニュアル
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

     ◆◇ 失敗しない探偵社・興信所の選び方マニュアル ◇◆

    vol.3 2003.05.15 不定期発行

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ご無沙汰しておりました。
今回は、探偵社の調査料金について書いてみたいと思います。
調査料金なんてホームページに載ってるから解説の必要なんてないん
じゃないか、と思った人もいるでしょう。実は、そこに大きな落とし
穴がある場合が多いからです。
うちのホームページでも繰り返し書いていますが、大事なのは「探偵
社がいくら料金を提示したか?」ではなくて「最終的に依頼者が支払
うお金はいくらか?」ということになります。

うちにも普段から探偵社との料金トラブルを抱えた人が相談してきた
りしますが、話を聞いてみると「甘い言葉にだまされた」という感じ
の人が多いように思います。例えば、よくあるのが以下のような相談
です。

・絶対浮気の証拠が取れるといわれたのに取れなくて150万円請求
 された
・4000円で行方調査を頼んだら6万円以上の実費請求された
・別れさせ工作が30万円だから依頼したのに何もしてくれない
・成功報酬といったのに失敗してもお金が返ってこない

これらの相談を例にして、どこに気を付ければ失敗せずに済んだのか
を書いてみたいと思います。



・絶対浮気の証拠が取れるといわれたのに取れなくて150万円請求
 された

いまだに「絶対」とか「100%大丈夫」とか依頼者にいっている探
偵社が稀にあるみたいです。依頼者もどうせ高い料金を払うなら少し
でも確率の高いところに依頼しようと思って、たぶんこんな高額な料
金を言われるままに払ってしまうと思います。
しかしちょっと冷静に考えれば分かりますが、人間を相手にした調査
で100%は絶対にありません。それにも関わらずこんな宣伝をして
いるということは、その探偵社は自分の調査力や営業力に自信がない
ということです。浮気調査の相談に行ったときにこんな事を探偵社か
ら言われたら、それは危険なサインと解釈してもいいと思います。


・4000円で行方調査を頼んだら6万円以上の実費請求された

最初は安い料金で依頼させておいて、後から報告書代金だとか交通費
だとかの名目で多額の追加費用を請求されるのも結構多い被害です。
探偵は普通の製造販売業とは違いますから在庫処分セールなんてあり
ません。
明らかに相場とかけ離れた安すぎる料金が宣伝されていたら、すぐに
飛びつく前に納得いくまで相手の探偵社に問い合わせた方がいいと思
います。企業秘密だからとか言って調査方法などを全然教えてくれな
いような探偵社なら、料金だけ受け取って全く何も調査しないか、後
から多額の追加請求が来る可能性は高いです。


・別れさせ工作が30万円だから依頼したのに何もしてくれない

こっちも上記のケースと似ている話です。
被害額は4000円どころじゃありませんが、別れさせ工作の料金に
しては異常に安すぎます。浮気調査なら自分の夫が何時に帰ってきた
かとかが分かるので探偵社の嘘報告書を見破ることは比較的できます
が、裏で何をやっているのか全然分からない別れさせ工作などだと、
本当にやってくれているのか確かめるのが難しいことが多いです。
もし何らかの方法で探偵社が料金だけ受け取って何もしていないこと
が分かっても、依頼者としては「別れさせ工作を頼んだけど詐欺にあ
いました」と警察に告げるのは自分も後ろめたさがあるため簡単では
ありません。まず安すぎる料金について怪しいと思うべきなのは先ほ
どの例と同じですが、別れさせ工作だったら全額先払いにせず成功報
酬制にするよう交渉してみるか、それが無理なら、別れさせの対象者
と工作員が仲よくデートしている写真やビデオの提出を約束させない
といけません。


・成功報酬といったのに失敗してもお金が返ってこない

ホームページで成功報酬と宣伝しているくせに、調査が失敗してもあ
れこれと理屈をつけて返金してくれない場合です。ひとくちに成功報
酬といっても、「着手金+成功報酬」という形の料金もありますので
、この場合は調査が失敗しても着手金だけは払う必要があります。
そのあたりの説明を依頼者に全然やらずに「うちは成功報酬だから大
丈夫ですよ」などと言うような探偵社もありますから注意して下さい
。どの時点で「成功」とみなすのか? 失敗した場合の返金方法は?
 本当に成功報酬以外は何もいらないのか? 事前に探偵社と納得で
きるまで話し合うのが大事です。きっちり領収書や契約書類をもらっ
ておく必要があります。
特に、現金払いの場合は、領収書を発行してくれない探偵社も稀にあ
るので気をつけましょう。
もし(最悪の場合)裁判になっても戦えるくらいには準備しておいた
方が安心して依頼できます。


さてさて、今回は実際の相談事例をもとに料金トラブルの代表的ケー
スを紹介してきましたが、最後に大事なポイントをまとめて終わりた
いと思います。

・高すぎる成功率、安すぎる料金には注意
・根拠のない自信は疑ってかかること
・不明な点は探偵社に何度でも聞いてみること
・契約の証拠は絶対に残しておくこと

では、また次回にお会いしましょう。

ページの先頭へ

(c)Akai探偵事務所