盗聴器の増加率がすごい

盗聴に不安な女子の画像

興信所に依頼される調査として、盗聴器発見調査が多くなっています。

現在は昔と違って、ネットを使って簡単に買うことができるようになりました。
また技術の進歩によって、安い値段で性能の良い盗聴器も手に入るようになっています。

ネットで気軽に盗聴器を買えるだけでなく、どうやったら上手に使えるのか、盗聴器の使い方などを紹介しているサイトを多くあります。

素人が面白半分で盗聴してみようと思ってもおかしくありません。

昔は興信所などのプロが企業スパイのために仕掛けたりがありましたが、現在では日常生活の中に多く入り込んでいるのです。

盗聴されているなんて誰でも嫌ですが、女性の一人暮らしなんて特に怖いのではないでしょうか。

部屋の音や声を盗聴されていることによって、ストーカー被害や空き巣など、被害が拡大する恐れがあります。

住人が変わるときに、大家さんの責任で、部屋の盗聴発見調査をしてほしいと思います。

大家さんでやってくれないなら、興信所に依頼するか、後は自分で調べるしかありません。

自分で調べるには、正しい知識と使える機械が必要です。

正しい調査スキルがないと、使える機械を持っていても、発見できません。

使える機械があっても、スキルがないと、機会のスキルを発揮して発見することができません。