盗聴器発見に興信所の技術を

盗聴されているかもの写真技術革新が進むにつれて、盗聴器のレベルも上がり、盗聴器を仕掛ける側もなんとか見つけられないようにと進化してきています。

盗聴器を発見撤去する技術を持った興信所とかでないとむずかしくなってきているようです。

盗聴器を見つける道具は、東京で言えば秋葉原、大阪で言えば日本橋などの電気街や通信販売で買えたりしますが、一般に買えるものでは、なかなか正確に見つけることが難しいみたいです。

信号を捕らえる力が弱くて、盗聴器自体にかなり近づかないといけないものや、逆に様々な信号をつかみすぎて、電化製品や携帯にも反応してしまうものをあるようです。

また、普段はスイッチが入っていないタイプの盗聴器もあり、スイッチが入っていないタイプの盗聴器なら、スイッチが入っていないときにいくら普通の調査をしても見つけることができないわけです。

その場合は、興信所が使うような強制的にスイッチをいれる機械を使う必要があるようです。素人で正確に盗聴器を見つけるのは難しいようです。

女性の一人暮らしの場合は、やはり盗聴の心配はあると思います。しかし、いきなり興信所の方に盗聴器発見の依頼をするのも気が引けるのかなと思います。

アパートマンションの大家や管理人さんが、住人が変わるときに、一度興信所などの専門家に依頼して、盗聴器の有無を確認するなどしたら、安心して住むことができますとアピールポイントになるのではないでしょうか。